あなたはどっち?【注文住宅と建売住宅】選ぶ基準は何?メリット・デメリットを知る

【※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています】

⇩このブログは国内シェアNo.1のエックスサーバーを利用しています⇩

【初心者でも安心】たった10分で出来るWordPressブログの始め方

子育てしやすい環境で暮らしてみたいな…
わたし達家族に合った家は、注文住宅?建売住宅?
どっちなのかなぁ…

こんにちは。

あなたは、自分の家がほしいなぁ~と考えているのですね?
洋風の家や薪ストーブのある家に住んでみたいとか?
豪華なキッチンやお風呂じゃなくてもいいからマイホームがほしい。
家族の車が4台駐車できるスペースがほしい。
愛犬が元気に遊べるドックランつきの庭がほしい。
愛車やバイクを眺められるビルドインガレージがほしいなどなど、
人それぞれ建てたい家があって悩んでしまいますね。



今の生活している家のことで悩んでいたり、
夢のマイホーム購入を考えている人に読んでほしい内容になっています。



なぜなら、注文住宅と建売住宅の決定的な違いや、
計画段階で知っておきたい情報。



注文住宅と建売住宅のメリット・デメリットも知ることができます。



この記事を読み終えたときには、この記事を読む前と読んだ後の、
マイホームに対しての知識量が上がっていることでしょう。



注文住宅と建売住宅

自分の家を持つことは、多くの人にとって、
一生のうちで最大の買い物かもしれません。



そこで大切になるのが、住宅と土地選びです。



注文住宅と建売住宅は、それぞれ特色があり、
これを知ることは、マイホームを建てる前の重要な選択につながります。



注文住宅と建売住宅の基本を押さえ、
それぞれのメリット・デメリットを深く理解することから始めましょう。

注文住宅のメリット・デメリット


注文住宅は、
自分だけのオーダーメイドな空間を作れるという最大の魅力があります。



間取りから内装に至るまで、家族のライフスタイルに合わせて、
細かい要望を反映させることができるため、居心地の良い住まいを実現できます。



また、エネルギーの効率化や耐震性に配慮した設計が可能で、
将来のライフステージに合わせたリフォームもしやすいでしょう。

しかしながら、注文住宅は建築までの時間がかかること、
予算の管理が難しいことや、
プランニングの複雑性や不透明な部分などがデメリットとなります。



また、建築家や工務店とのコミュニケーションが多く発生し、
それらの対話をしっかりと管理し信用信頼の関係を築いていく必要があります。



このコミュニケーションや打合せを密にやることと、
訂正の確認を怠ると、間違ったままの状態で全てが進んでしまいますので、
訂正した品番や、図面は必ずチェックしましょうね。

建売住宅のメリット・デメリット

建売住宅の最大のメリットは、即入居可能であることです。


見て気に入った住宅をそのまま購入でき、実際に住むまでの時間は、
長く待つ必要がありません。



わたしの住む町では、外構工事まできれいに仕上げてから販売していて、
公道から水道管まで引き込む工事費用も、
住宅と土地の価格に含まれていることもメリットです。



また、完成された家を内覧することができるため、
家具の配置や部屋のレイアウトに想像がつきやすく、
価格が看板などで表示されていることで、
自分の予算との相談もしやすいのが特徴です。

しかし、建売住宅は完成しているが故に、
その構造やデザインを自分好みに、
間取りや水回りの位置の変更をすることは、
お金や時間がかかり難しいです。


さらに、分譲地での同じハウスメーカーの建売住宅になると、
戸建てアパートのように同じようなデザインが並ぶようになります。



自分だけの個性を表現することができないこともデメリットと言えるでしょう。



サッシ窓のことで言えば、網戸はオプションになっていて、
建売住宅の価格には含まれていない建売のメーカーもあります。


15坪の2階建て住宅ですと、だいたい窓の数が20ヵ所くらいになり、
20ヵ所全てに新規網戸を取り付けると、
材料と工賃で約20万円はかかります。



各部屋にエアコンが付いていないことも普通ですし、
24時間換気システムでもないです。


自分に合う住宅タイプを見極める


自分に合った住宅タイプを見極めるためには、
ライフスタイルや将来設計をしっかりと考える必要があります。



注文住宅であれば自由度が高い反面、
建築までに時間がかかりコストもかさみやすいです。



建売住宅であれば即時入居が可能でも、自分好みのカスタマイズは限られます。


住宅選びは人生の大きな判断の一つですから、
家族とじっくり話しあって何を優先するのか?
どのような生活を望むかを明確にして、家族の意思を共有して選びましょう。





流されるように工務店やハウスメーカーの言いなりになっては絶対ダメです‼





あなたのお金で建てるあなたの家ですから、
適当な考えや理解をしていないままの状態では、
物事を進ませてはいけません。



実際はいらないと思っている設備をゴリ押しされて、
よくわからないけど、断るのが気まずいからと取付けられた...
というケースもありますので、選択・決定には気をつけましょう。



住宅設備の費用対効果や、
15~20年後のメンテナンスや立地条件など、
多くのことに収支のプランをすることが成功への鍵になります。

坪単価を知る


住宅を購入するときによく聞かれる「坪単価」という言葉。



しかし、何を基準に決まるのか?
実際は知らない人も多いはずです。



この坪単価について考えてみましょう。

坪単価の簡単な計算方法

例えば、
家の本体価格が3,000万円で延床面積が50坪の場合
3,000万円 ÷ 50坪 = 60万円
家の本体価格が1,500万円で延床面積が50坪の場合
1,500万円 ÷ 50坪 = 30万円

※この計算式は、土地の費用・水道引き込み工事費・外構工事は家の本体ではないので、
注意してください。



坪単価で見る注文住宅の費用

注文住宅の場合、坪単価は家を建てる上で最も重要なことの1つです。



注文住宅の坪単価をただ見るだけでは、
全体のコストを正確に把握することはできません。



なぜなら、使用する材料や設備、建築家の設計料、土地の条件など、
多くの要素が複雑に絡み合って最終的な価格が決まるからです。




加えて、坪単価には建物の基本的な構造だけでなく、
付帯工事やオプションが含まれるかどうかも大きなポイントです。



それぞれの要素を詳しく調べ、
坪単価だけでなくトータルコストを見積もることが重要になります。


建売住宅の坪単価とは

次に、建売住宅の坪単価ですが、
これは一般に地域の相場や物件のグレード、設備の質によって左右されます。



建売住宅は既に完成している物件を購入するため、
選択の余地が少なく、建材の使用も決まっています。



坪単価によって家の品質や将来のリセールバリュー(売るときの価値)
がどのくらいなのか?
おおよその価格がわかります。



ただし、建売住宅でも立地条件や地盤の強さなど、
坪単価だけでは見えてこない部分もチェックする必要があります。



このようにして坪単価を参考にしながらも、
物件全体を詳細に見ることが大切です。

坪単価に影響を与える要素


坪単価を決定づける要素は複数あります。



まず、土地の価格が大きく影響します。

都心部や駅近などの場所によっては、坪単価は高くなります。

路線価などを基準にすると、おおよその土地の価値を知ることができます。





また、建築材料の選択も重要で、
高価な木材をふんだんに使用すれば、それだけコストも上がります。



さらに、工法やデザインの複雑さも加味されるため、
単純な坪単価では質の高さを判断することは難しいのです。



理想の家を建てるには、
坪単価という価格の理解が必要になります。


予算設定のコツと注意点


理想的な住まいを実現するためには、予算の設定が重要です。



はじめての予算設定では見落としがちなポイントも多くありますので、
ここでしっかり押さえておきたいコツと注意点をお話しします。



費用計画を立てる際には、予測できる費用だけでなく、
予期せぬ出費にも柔軟に対応できるように、
ある程度の余裕を見ておくことが大切です。



住宅ローン融資の限度額、
上限いっぱいの金額を住宅の予算にしてはいけません。



また、各項目ごとの優先順位を設け、
予算を分配することで無駄遣いを防ぎます。


予算内で理想の住宅を建てるには


理想の住宅を予算内で建てるためには、
計画段階から細かい部分にわたるまでの注意が必要です。



まず、家を建てる目的やライフスタイルを明確にして、
それに見合った設計を行うことが大切です。



土地選びから間取り、
建材のシリーズや材質・機能・設備・ハウスメーカー選びに至るまで、
全ての選択が最終的な予算に影響を及ぼします。


設計士や担当者、施工業者と密接に連携し、
コスト削減が可能な部分や、
(ビルダー使用を採用することや、ショールームの展示品にするなど)
無駄な出費を削減するための努力が必要です。



また、予算を立てる際は、将来の家族構成の変化や、
ライフスタイルの変動にも柔軟に対応できるように考慮しておく必要があります。


隠れたコストに要注意

⇩忘れがちな隠れたコストの1つに注目した記事は⇩

建築予算を立てる際は、明確になるコストだけではなく、
隠れたコストにも注意を払う必要があります。



例えば、基礎工事での地盤改良工事の費用や、予期せぬ建築材料の値上がり、
お隣さんとの境界の問題や、天候による工期の遅れなどがそれにあたります。



これらの隠れたコストは、
マイホーム建築プロジェクト全体の予算を大幅に上回る可能性もあるため、
リスクマネジメントの観点からあらかじめ考慮しておかなければなりません。




専門家の意見を聞きながら、余裕をもった予算設定が必要となります。



また、長期にわたるメンテナンス費用も見過ごしてはいけません。



長期的な維持費も計画に入れておく


住宅の建築だけではなく、
15~20年後くらいの長期的な維持・修繕費も計画に入れておくことも大事なことです。



維持費として考えられるのは、
定期的な修繕費、保険費用、税金、光熱費などです。



住宅以外のことでも、子供の進学・車の買い換え・転職からの収入減なども、
視野に入れて計画しましょう。


特に、エコ対策を施した住宅や、
高品質な建材を使用した住宅は初期投資は高いものの、
(屋根を瓦屋根にすることや、外壁をタイル張りにするなど)
長期的に見ると維持費を削減できるケースも少なくありません。



それぞれの項目について、予想されるコストをリストアップし、
将来にわたっての総コストを把握しておくことで、
余計な出費を未然に防ぎ、経済的な住まいプランを計画できます。



こだわりを形にする注文住宅設計

自分たちの夢や理想を実現するために、
こだわりを持った注文住宅を建てたいと考える人は多いでしょう。



注文住宅設計では、
お客様一人ひとりの想いに応えるオーダーメイドの住空間を作り出します。



細部にわたるデザインカスタマイズから、
機能性や利便性を重視したプランニングに至るまで、
住宅のプロとしての経験と知識を活かします。

デザイン自由度の高い注文住宅


注文住宅の魅力は、何といってもデザインの自由度が非常に高いことです。



モデル住宅の決まりきったプランの住宅ではなく、
お客様が理想とするスタイルを実現するために、
外観はもちろんのこと、室内の壁紙使いや建材の選定、
家具の配置など細部にわたってこだわることができます。



一般的な家とは異なるユニークなデザインや、
先進的なコンセプトを取り入れることも可能です。



自分だけの特別な住まいを持つことは喜びであり、
家を愛せるようになります。


ライフスタイルに合わせた間取り作り


ライフスタイルに合わせた間取りは、
快適な生活を実現するうえで非常に重要です。



例えば、
子育て世代で子どもの安全を考えた間取りや、
育児をしやすい家事動線、趣味をメインに考えた空間。



将来の家族構成の変化を想定した間取り変更の容易さなど、
その時々の生活ステージと共に、対応できる機能性のある家も良いでしょう。




逆にシニア世代であれば、バリアフリー設計や
生活支援機器を導入しやすい構造にすることで快適さを保ちます。



注文住宅設計は、お客様の今後のライフステージを見据え、
様々な生活スタイルにマッチする間取りは無限大です。


エコや省エネの最新機能を取り入れる


エコや省エネは、現代の住宅設計において欠かすことができない要素です。



SDGsを考えた太陽光発電システムや省エネ設備を取り入れることで、
快適な住空間でありながら、地球環境にも配慮した住まいを実現することができます





例えば、太陽光発電システム以外では、
断熱材の24キロ使用などは、エアコン空調費用の削減、
Low-e使用のペアガラス窓やトリプルガラスのサッシの導入。




ただ快適を追求するだけでなく長期的に光熱費を抑える効果もあります。



建売選びのポイント

家を購入する際、多くの人がまず検討するのが建売住宅です。



土地選びから建築までの手間が省ける上、
コストパフォーマンスに優れているという魅力があります。



しかし、中には後悔するケースも存在するため、
選ぶ際にはいくつかの重要なポイントを抑えておくことが大切です。


立地条件の選び方


建物の質もさることながら、生活の質を大きく左右するのは立地条件です。



通勤・通学の利便性、周辺環境、
また将来の地価の推移を見極めることは必須と言えるでしょう。



まずは自身のライフスタイルを考え、
利用することの多い施設が周辺に存在するかを確認します。



また、家族構成の変化にも対応できる柔軟性を持った立地選びが重要です。




いっけん魅力的なエリアでも、
日々の利便性が損なわれる場合は良好な立地とは言えません。



安全性も大切な要素であり、治安の良いエリアかどうか、
災害のリスクはないかをしっかりとチェックする必要があります。


即入居可能な建売住宅の魅力

即入居可能な建売住宅には、数多くの魅力があります。



新築であるため、綺麗な状態で生活をスタートできることが挙げられます。



また、購入から入居までのタイムラグが少ないため、
転勤や転校などで、引越しを急いでいる人に最適です。




さらに、モデルハウスとして建てられているケースが多く、
完成済みの家を実際に内覧することができるので、
これから生活していくイメージがつきみやすいのも利点です。



また、価格がオープンになっていることで、
おおよそのローンシュミレーションもできます。


建売住宅の充実した設備とカスタマイズ


建売住宅では、最新の設備が導入されていることが多く、
省エネ性や耐震性などの機能面でも優れています。



さらに、カスタマイズに対応している建売も増えており、
フローリングの色や壁紙、キッチンの色や仕様変更など、
購入者の好みに合わせた細かな変更が可能なハウスメーカーもあります。



ただし、どの程度まで変更がきくのかは、
ハウスメーカーによって異なるため、事前によく確認することが大切です。



自分好みの住空間を手に入れられる可能性が高まることで、
より満足度の高い住まいへと仕上がるでしょう。


契約前に確認すべきこと

契約を結ぶ前には、多くのポイントを確認する必要があります。



特に、大きな契約においては、後々のトラブルを避けるため、
打合せを繰り返し、何度もチェックして理解することが重要です。



その作業は大変ではありますが、十分な下準備がミスを減らす鍵となります。

建築契約の注意点


建築契約を結ぶときは、注意して確認すべき点がいくつかあります。



まず、契約書の内容をしっかり読み、理解することが大事です。



工事の範囲、工期、費用に関する項目はもちろん、
万が一の遅延や不具合時の対応や、瑕疵も見逃せません。




さらに、追加工事や変更に関する条項も重要です。



変更が発生した場合のコストや手続きの流れも確認しておきましょう。



施主と施工業者との間で、
認識のズレがないように事前の話し合いが非常に大切になります。

保証やアフターサービスのチェック

次いで、保証やアフターサービスについての確認も重要です。



これらのサービス内容や期間、
対応の手順などをきちんと理解しておく必要があります。


特に、建築物に対する長期の保証がどのように提供されるのか、
そして何が保証の対象になるのかを把握しておきましょう。



また、アフターサービスに関しても、定期的なメンテナンスが行われるのか、
緊急時の連絡先はどこなのかなど、詳細を確認してください。

図面や仕様書の確認


図面や仕様書の詳細確認も見逃せません。



確認申請を通した後の図面変更には、追加料がかかりますので、
確認申請を通す前までなら、図面の修正は何度でも可能です。



これらは、建築物の詳細な情報が含まれているため、
じっくりと時間をかけて精査することが必要になります。



図面では、間取りやデザインだけでなく、
使用する材料の種類やメーカーとサイズ、
設備のグレードなどにも注意を向ける必要があります。



仕様書に至っては、
より具体的な建築物の仕上がりに関する情報が記されているため、
こちらも細かな項目をひとつひとつチェックして、
間違いを見落とさないようにしましょう。


住宅購入後の生活を想像する

住宅購入後の生活を考えるなら…
まずは、土地についてもかんがえてみませんか?

(⇩あわせて読んでほしい土地のこと。画像から記事が読めます⇩)

新しい生活のスタートとしての住宅購入後、その豊かさに胸を躍らせるものです。



しかし、実際の生活は購入時の高揚感だけで成り立つわけでなく、
その後の生活設計がとても重要です。


どんな生活スタイルを望んでいるか、想像力を働かせて将来を描きましょう。



新しい家での休日はどう過ごすのか、
家族との時間はどのように共有するのか、地域コミュニティへの参加は?
様々なシーンを思い描くことが、理想の住まい選びへとつながるのです。

住宅ローンの返済プラン


住宅ローンを組む場合は、
その返済計画は生活設計において最も重要な要素の一つです。



まずは返済額が毎月の収入に占める割合を考え、
余裕を持った計画を立てることが重要です。



収入の変動に備え、繰り上げ返済を考慮するなど、
柔軟性を持たせたプランニングが求められます。



また、金利変動リスクを見越して、
固定金利と変動金利のメリット・デメリットを比較検討しましょう。



将来的な収支バランスを見据え、
無理のないローン返済計画が家計を安定させます。

周辺環境とのマッチング


住まい選びであまり重要視されずに見落としやすいのが、
周辺環境とのマッチングです。



通勤・通学の利便性はもちろん、日々のショッピングや子供の習い事、
病院などの生活インフラまで考慮に入れる必要があります。



周辺の自然環境や公園の存在は、
ストレスの少ない生活や子供の遊び場としても重要なポイントです。



また、地域のコミュニティや行事に参加することも、
新たな住まいでの快適な生活を築く上で大きな価値があります。



自己の生活スタイルと地域環境がどのようにマッチするのかを考えることで、
長く愛着を持って住める家が見つかります。

日常生活での快適性を重視


住宅を購入する際は、見た目の美しさや広さだけでなく、
日常生活における快適性も大切な要素です。



天井の高さや窓の位置・窓ガラスから自然の光の入り方、
風通しの良さなどは、住み心地に大きく影響します。



また、収納スペースの充実や間取りの使い勝手は、
日々のストレスを減らすポイントです。



さらに、エネルギー効率の良さや耐震性、
防犯対策も快適な生活を保つ上で視野に入れるべき要素です。



家族の成長やライフスタイルの変化を想定し、
将来にわたって快適に暮らせる家が最適な選択となるでしょう。

完成までのスケジュール管理

職人
職人

図面と建材の仕様さえ決まれば、
あとは、ケガ・事故に気をつけて、スケジュール内に引き渡すまで進むだけです。

家の建築は大きなプロジェクトです。



その工程をしっかり管理し、計画通りに進めていくためには、
詳細なスケジュール管理が求められます。



各工程の状況をフローチャートで可視化して、
施工に関わる全ての業者間で共有し、
目標に近づいていることを確認することが大切です。



日々の進捗状況を現場監督や担当者が把握し、必要に応じて計画を修正する柔軟性が、
プロジェクトの成功へと繋がります。

注文住宅建設のタイムライン


注文住宅を建築するには、個々の要望に応じた計画が不可欠です。



まずは、家を建てるための要望をまとめ、プランニングを開始します。



次に、設計段階に入り、細部にわたって打ち合わせを重ねていきます。


その後、建築確認申請を経て、いよいよ工事がスタートします。


地盤調査・基礎工事から上棟・外装・内装工事と進み、
中間検査・最終的には完成検査を受けます。


この間にも定期的に進捗報告を行い、
問題が発生した場合には迅速に対応することで、
計画通りに進行していけるよう努めます。

建売住宅の引渡しまでの流れ


建売住宅の場合、決まった型の家が建設されています。



物件の購入を決めた後、契約手続きに入ります。


その際、ローンなどの金融手続きも進めていかなければなりません。



建設前に購入を決めていれば、
購入者の要望に応じた小規模なカスタマイズが可能なこともあります。
(壁紙の変更・照明器具の変更・エアコンの追加工事など)



最終的な施工が完了すれば、引渡しの準備に入ります。



ここで、重要なのは細部にわたる確認検査です。



すべてのチェックが終われば引渡しとなり、
新しい家での生活がスタートします。


進捗管理とコミュニケーションの大切さ

スケジュール管理においては、工事の進捗だけでなく、
あなたの家に関わる人とのコミュニケーションも欠かせません。



施主・設計者・施工業者との間で情報を共有し、
コンスタントにコミュニケーションを取り続けることが重要です。


お互いに信用信頼の関係ラポールを築ければ、
少々のトラブルでも笑顔で対応できることでしょう。




予期せぬトラブルや変更が必要となった場合でも、
迅速かつ的確な意思疎通を行うことで、
プロジェクトはスムーズに進行していきます。




プロジェクトに関わるみんなが、
同じ目線で目標を共有して作業を進めることが、成功への鍵となります


まとめ

簡単入力3分!マイホームへのはじめの一歩【持ち家計画】

いかがでしたでしょうか?
はじめて聞く用語や難しい内容も含まれていたかもしれません。



わたしがマイホームを購入したときに、
理解不足や知らなかった、確認しなかったことで、
失敗と言える結果を招いてしまいました...
わたしは住宅関係の職人にもかかわらずです。




人間は間違う生き物なので、間違うリスクを減らして、
理想のマイホームを完成させてください。



この記事を最後まで読んで頂いたあなたには、
わたしのように失敗してほしくありません‼



この記事が、
あなたのマイホーム計画のお役に立てられれば幸いです。



若い世代でマイホームを考えているなら、
あわせて読んでほしい記事になっています⇩
(画像をクリックしてください。)


最後まで読んでいただきまして
ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました